人材採用、業務支援ツールについて

人材採用を行う場合、
採用に関連する様々な業務に追われ、
人事のリソースが根幹の採用業務に避けないということが多くございます。

具体的には、応募者人数の管理、面接中や、内定等の応募者ステータスの管理。
複数の求人サイトを活用する等で、管理が二重になる問題もございます。
人事担当者が複数いる際にも、状況を共有することも必要です。

そのような問題を解決するための「採用業務支援ツール」がございます。

【採用支援ツールバージョンアップ】
・応募者へのアプローチ履歴、面接調整がシステム上で簡潔に行える
・求人サイト、ホームページからの応募、人材エージェントからの応募者など、複数の経路からの応募者を一元管理できる
・求人サイト等、広告を活用した際の費用対効果の分析ができる
・コンテンツ導入支援事例 Its NEW!
 →導入事例:大阪 高収入サイトに導入したケース。
 コンテンツ:体験入店金や、祝い金がある高収入求人の実際|大阪 高収入サイト
 
上記のように、業務の効率化はもちろん
採用をより効果的に実現させるものとなっております。

実際に「採用業務支援ツール」を活用した方の声

「面接希望日時の回答待ち状況がすぐに確認できるようになり、対応の抜け漏れがなくなった」
「1日50件以上送っていたメールの送信作業の負担が楽になった」
「担当者同士の情報共有が簡単に行えたので、不在時の代理対応もスムーズになった」
「会社のPC以外でも、進捗管理ができるので、選考の遅延防止策として効果的だった」
「複数の求人サイトの応募者を一つに管理でき、費用対効果の分析もしやすくなった」

その他、採用における問題は、
「採用業務支援ツール」によって解決できる点が多くございます。

いわゆる「作業」「オペレーション」の部分を効率化・省力化し、
本来の目的である良い人材の採用に注力することが重要です。

採用業務の効率化や、より採用をさせたい人事の方は
導入を検討することをおすすめします。